見てきた映画1

2017/01/12
わたくし、映画館で映画を見ると必ずパンフレットを買ってくるというマイルールがあります。
本棚整理していたら大量に出てきたので、ちょっと今まで見てきた映画でも振り返ろうかと思います。
(順不同)

『ラヴァーズ・キス』(2003年)

この頃はあれですねー、友達に影響されて邦画の単館系をよく見に行ってました。
本来はメジャーな娯楽作品が大好きです(笑)
確か市川実日子さん目当てで行ったんじゃなかったかなー。
平山綾さんや宮崎あおいさんが若い!初々しい高校生役が似合ってます。

『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』(2005年)

え?見に行ったっけ??まったく覚えがないです。テレビシリーズは全部見たんだけどなあ。

『硫黄島からの手紙』(2006年)

二宮くんが話題になった映画ですね!あと私、渡辺謙さんが大好きなんです。
ということでこれはすごく楽しみにして見に行ったんですが、兵士が自爆していくシーンの、感情のぶつかり合いなんかが生々しくてすごく心に残りました。
んー、怖くて10年経った今でも見返そうとは思えません。それほど印象深い、そして一度は見るべき映画だと思います。

『PROMISE』(2006年)

うーん。なんで見に行ったんだっけ。この頃中国を舞台にした映画が流行ってたような気がします。
中国の”様式美”的な部分がすごく好きなのですが、そういうところ、あと衣装など独特な雰囲気をもった映画でした。
チェン・カイコー監督。

『トロイ』(2004年)

歴史ものも大好きです。あとブラピももちろん大好き。
ショーン・ビーンやオーランド・ブルームも出てました。ウハウハですね!

『レッドクリフ Part1/Part2』(2008年/2009年)

三国志はゲーム経由で好きで、ついつい見に行ってしまいました。
そうそう、これが見たかったんだよね!という感じの安定作。この調子でシリーズ化して欲しい・・・
ジョン・ウー監督。

『楽園をください』(2001年)

ジョナサン・リース・マイヤーズ!!!一時期ものっそいハマった俳優さんです。美しい・・・!
ジョナス見たさに行った映画ですが、ジム・カヴィーセルも素敵でした。
アン・リー監督。

『アイ・アム・サム』(2002年)

名作!ショーン・ペン、ダコタ・ファニングの演技が素晴らしいと素人目にもわかる名作!!
映画館でも泣いてしまった思い出が…

『英雄 ~HERO~』(2002年)

結構中国舞台の映画が好きみたいです。これはワダエミさんの衣装も素晴らしかったし、演出や音楽も良かった。
メインストーリーではなく悲恋エピソードの方が印象に残っています。
トニー・レオンがかっこいい切ないんですよー。
チャン・イーモウ監督。

『ロード・オブ・ザ・リング』(2002/2003/2004年)

あーもー大好きです!!キャスト、衣装、舞台、音楽、すべてが完璧すぎる~。初めて見るハリボテ感ゼロのファンタジーに度肝を抜かれました。この頃から大人向けファンタジーが増えましたね。ボロミアの人間臭さが好きです。
エルフさん全員お美しくて好きですが、中でもヒューゴ・ウィービングがカッコいいですね。
押井守氏、村上隆氏がパンフに寄稿されています。豪華。

『アレキサンダー』(2005年)

これもジョナサン・リース・マイヤース目当てで観に行った映画です。セットも出演者も豪華!コリン・ファレル、アンソニー・ホプキンス、アンジー、ジャレット・レト。
でもあんまり覚えてない。。。なんてこった。

『ナルニア国物語』(2006年)

第一章しか観に行ってないのか。。。末っ子の女の子がすんごく可愛かったです。あとタムナスさん。
子供のころに原作の小説を読もう読もうと思いつつ、シリーズ長すぎて読めなかったんですよね。

『スパイダーマン』(2002年)

わー、懐かしい!この頃はマーベルなんか知らなかった!敵役のウィレム・デフォーが大好きで大好きでもう。
ほんと失礼なんですが、ピーターの好きな子が美しいとかじゃなく微妙な可愛さのキルステン・ダンスト、というところがなんかいいですね。

『ラスト サムライ』(2003年)

謙さーん!!やっぱり謙さんかっこいいですね!

『トリック -劇場版2-』(2006年)

この頃はトリックにはまってました。仲間由紀恵さんは好きな女優さんです。生瀬さんもほんと面白いですよね。

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』(2006年)

テレビでやる度、見たような見てないような…と思ってたら映画館行ってた。
この頃は夫とのデートでやたら映画見に行ってましたね。大作ばっかり。そのせいか一作一作あんまり覚えがないという。ひどい。

『明日の記憶』(2006年)

これは中でも観たくて観に行った映画です!!謙さん!!!
辛い内容でもあるので観返すことができずうろ覚えですが、ラストシーンがすごく美しくて切なくて、そんな中にも希望にも溢れてて。。。
夫がああなってしまったら私はここまでできるだろうか?
いや、その前に私の方が問題ありすぎて、既に夫に迷惑かけすぎなんですけど

『戦場のピアニスト』(2003年)

色々と考えさせられる、戦争映画が好きだったりもします。でも重いんですよね。重い。

『メン・イン・ブラック2』(2002年)

これもあれだ、観たような観てないような、と思ったら観に行ってた。
よく覚えてないですが、こういう娯楽作も好きです!

『凶気の桜』(2002年)

これも友達に勧められて行ったのかな?観に行く映画選ぶときは役者さん目当てで選ぶことが多いのですが、
この頃はやたら窪塚洋介を観ていた気がする…。あとナショナリスト的なものも自分の中で流行っていましたね。厨二か(笑)
本田博太郎もすんごい好きです!

『キル・ビル vol.1』(2003年)

単純にアクションがカッコよかった!なんにも考えないで観られるアクション映画も好きです。

『レッド・ドラゴン』(2003年)

ハンニバルシリーズだとは知らずに観に行ってしまったのでちんぷんかんぷんでした(笑)内容もパンフレット見てもさっぱり思い出せない…ひどいな。
エドワード・ノートンとレイフ・ファインズが大好きです!

とりあえず一旦休憩します。
スポンサーサイト



comment (0) @ 映画